FC2ブログ

【セラピールーム 癒し堂】ブログ~癒し堂クロニクル

福井県【セラピールーム 癒し堂】店主のつれづれ日記です。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

空(くう)~舞い降りた神秘の暗号…その後!

まだじっくり読んでます…。(^^;

2回目です。

読書ノートをとりながら読むって、初めてやりましたケド、なかなか良いですね…!(^v^)

読みながら(インプット)書く(アウトプット)ことで、内容を頭の中でかなり整理出来ます。

「この一冊はど~してもマスターしたいィ…っ!」という本がある方は、ぜひオススメです…!

(…って、そ~いう人はもうやってるか…^_^;)

内容ですが、根本的な視点さえ理解出来れば、著者の言うことは至ってシンプルだと思います。

…「私=自分」という存在(意識)が、人生で味わうありとあらゆる[感情、考え、思い、感覚、感触、肉体的経験、精神的経験、物質的経験]を[観察し、経験し、受け入れ、十分に味わうこと]が、私達の目的のようです。

一般的に「良くない」とされているネガティブな感情や想念を抑圧・拒絶・無視する事で、それらの「感情的経験」が十分に消化されず、宇宙のエネルギーの自然な流れを塞き止め、トラウマやカルマ、人生そのものの停滞となるようですね…!

どのようなネガティブな感情や想念も、ありのままにその存在を認め、ただ静かに観察し、受け入れることで消滅したり、自然に流れてゆくようです。宇宙や大きな自然のエネルギーの流れは、良いも悪いも、好きも嫌いも、すべてまるごと受け入れて流れる巨大で豊かな河のようなモノかも知れません…!

…その[内なる宇宙=大きな河]の流れに身を委ね切るコトが、宇宙創造の終わることの無いプロセスを楽しんで生きるコツなのかも知れませんね…!
(^_^)

中でも一番ビックリ、目からウロコの概念は、「魂」についての著者の捉え方です。

…よくスピリチュアルで言われるような、魂そのものは「私」の本質ではなく(…!)、「私=根源・創造の神の意識」が自ら経験した感情や想念その他を記録する為の[記憶ソフトかつデータ]であるそうです…!
(☆o☆)

魂に記録された感情や想念のデータを、私達は読み取っているに過ぎないのですねェ~。
(ノ゜O゜)ノ

それを同一視してしまったり、感情移入し過ぎる事で、魂が感じることを「自分だ」と錯覚したり、私達生きている人間は感情や思考や想念そのものを「自分だ」と思い込んでしまうもののようです。
(-_-)

これに関連して、霊や輪廻転生、憑依などについてもカンタンに触れられていましたが、「なるほど。うむむ…!」な内容デス…!
=^ェ^=

興味のある方は、ぜひご一読下さ~い!
(^◇^)
スポンサーサイト

| こんな本読みました! | 14:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

空(くう)~舞い降りた神秘の暗号

このブログで読書紹介は初めてでしたねェ~。f^^;

読むのはかなり遅い方ですが、読書は好きです!

で、今回は、今読んでいる本、

 【空(くう)~舞い降りた神秘の暗号】

についてご紹介します。

(内容について、具体的に紹介したものか‥‥。)

Amazonの書評を参考にして頂くのが良いかとも思いますが、スピリチュアリズムの一つの到達点と呼ぶに相応しい内容だと思います。

これ1冊をじっくり読み込めば、他の宗教・心理学・思想・哲学・自己啓発関連の啓蒙書の類は一切必要無いくらいの一つの到達点、高みを感じました。

‥‥グウの音も出ません。

古今東西の宗教指導者や覚者・聖者・賢者が言葉を変え表現を変え、口酸っぱくして説いてきた“真実”のエッセンス(=本質)が、

「こんな簡単な言葉で、200ページそこそこの薄い本一冊にまとめられてしまって良いのだろうか?」

と思う位に、ごく当たり前のようにまとめられていました。

凄過ぎて、なんか“当たり前”なのです。

でも、この歳まで生きてきて、こんな本に出逢うことが出来て、本当に良かったというか、人生報われた感じがしています。

今のこの時代に生きることが出来たことも、感謝しています。

‥‥こんな本に出逢えるのですから。

こんな内容の本に、ごく当たり前に接することが出来るのですから。

これもやはり人類の意識が総体としてかなり進化したことの現れでしょうか?

我々に“読む準備”が出来ていなければ、このような本は世に出されませんからね!

著者のmanaという方は、まったく存じませんでした。

かなり優れた能力者のようですが、メディアを通して知られた有名な方々より、遥かに高みへ登った完成された視点をお持ちの方のようです。

このような方が、身近にいるのだなぁ‥‥。

スゴイ時代になったなぁ‥‥という感じです。

人生の枝葉、小技、小知恵に振り回されず、人間と宇宙と人生と、自分自身の揺ぎ無い本質を「ガシ‥ッ!」と掴みたい方には超オススメです!

只、スピリチュアリズムに関連するある程度の予備知識と理解は、前提として必要かも知れません。

これまである程度のことを自分なりに読み込んで、自分なりに深めた上で、スピリチュアルな放浪の旅を終わりにする為の、“トドメの1冊”という感じです。

‥‥私はこの本の為に、初めて“読書ノート”なるものをとりながら、只今2回目の読み直し中です‥‥。

| こんな本読みました! | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。