FC2ブログ

【セラピールーム 癒し堂】ブログ~癒し堂クロニクル

福井県【セラピールーム 癒し堂】店主のつれづれ日記です。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

瞑想って、どうやるのでしょうか…?


「瞑想をやってみたいけど、やり方が分からない。」

というご意見を頂くことがありまして、今回はカンタンな方法をご紹介します。

私が普段やっている方法です。



☆入門編☆

瞑想は、何千年もの昔から古今東西の宗教覚者、聖者、賢者、偉人たちが、[自分の本質について知り、ネガティブな想念に囚われない自由な意識を得る]ための技術として用いてきた実用的なテクニックです。

座禅もその一種です。

流派や方法は多々あり、やり方もいろいろです。

イメージやマントラ(特定の言葉を唱える)を用いる方法もありますが、誰にでもやり易く、役に立つと思われる方法を以下にご紹介します。


☆やり方☆

次に紹介する瞑想法の主眼は、「“自分”に気付いていること」です。

自分の内面世界に湧き上がる様々な想念やイメージに、いつも

「《もう1人の私》が気付いていて、それを静かに観察している」

ことが出来れば成功です。


①やる時間帯

朝起きてなるべくスグが良いでしょう。

それが無理なら、1人静かになれる場所と時間(15分くらい)が確保出来れば良いです。

夜やると、一日の疲れが出て寝てしまうことがあります。

食後も眠たくなるので避けた方が良いです。


②椅子に座るなどして、リラックスした姿勢になります。

なるべく背骨が丸くならない座り方が良いです。

座禅の姿勢がベストらしいですが、私も出来ません。f^_^;

私は「片あぐら」で、背筋が丸くならないよう厚めの座布団をお尻の下に敷いてやっています。


③呼吸を深く楽にして、眼を閉じます。

静かに楽な腹式呼吸が出来ると良いです。


④まずは自分の呼吸に意識を集中します。

‥‥が、いきなりまず無理です。(-.-)

呼吸に意識を集中しているハズが、頭の中にいろいろな雑念が後から後から次々と湧いてきます。(@_@)

(これが普通です。)


⑤そこで、それらの雑念をすべて、押さえつけたり振り払おうとせずに‥‥

《もう1人の私》になって、少し離れた距離から‥‥

そのまま静に、ありのままに、

それらの雑念すべてを、ずっと見つめてあげて下さい!

‥‥雑念を見つめる《自分》になるのです。(-_-)

「‥‥あ、私今こんなこと考えてるな‥‥。」

「突然なんか変なこと思い出したな‥‥。」

「頭の中で音楽♪が鳴り止まないな‥‥」

「ああ、何か意味のないイメージが止まらないな‥‥」

「腕がもぞもぞ痒くなってきちゃったな‥‥」
(静にゆっくり掻けば良いです。)

「もう何分やったかな‥‥」

「呼吸の仕方が最初と変わってきちゃったな‥‥」
(楽なら戻さず、そのままで。)

「あ、今瞬間何も考えなかったな‥‥」

「やり方、本当にこれでいいのかな‥‥?」

「こんな瞑想やって、いったい何になるんだろうな‥‥?」

「家族はもう起きてきたかな‥‥」


‥‥等々、自分の中に湧き上がる想念を

ただひたすら、ありのままに、

それらの存在をそのまま認めて、

ただ静かに

「あ、(雑念が)あるな‥‥」

という感じで眺めます。

これを5~15分ほど続けます。

時間がゆるせば、心地よいなら30分でもそれ以上でもどうぞ!

実際は、忙しい朝は時間が限られるでしょうから、キッチンタイマーで時間を計り、鳴った時点で終了するのが良いでしょう。



☆注意点☆

①最初は自分が上手く瞑想出来たのか、出来なかったのか、よく分からないものです。

上手く出来なかったと感じても、それで落胆したり、自分を責めたりしないで下さいね!(^-^)

上手く出来なくても、

「まあ、こんなものか‥‥。」

くらいに割り切って続けた方がイイです。f^_^;

また、自覚が無くても、とても深い瞑想状態に入っていることもあります。


②瞑想が終了した時点で、

「いま瞑想を、終えた!」ということを

はっきり意識して下さい。

顔や手を叩きながら、心のなかで「終了!」と唱えれば良いでしょう。(☆o☆)

顔や手を叩くことで、意識の切り替えをスイッチ化して下さい。

[瞑想状態]と[通常意識状態]の切り替えをしっかり行なって下さい。


☆最後に☆

慣れてコツがつかめるまでの期間は個人差がありますが、瞑想に慣れてくると、日常生活の中で「瞑想状態を意識する」だけで、自分の中にある想念やネガティブな感情等をすぐその場で静かに観察出来るようになります。

不思議なことに、それらのネガティブな感情や想念も、自分が《もう1人の私》になって静かに観察してその存在を認めてあげることで、暴れたり、あなたを乗っ取ったりせずに、大人しくなってくれるようですヨ!(^^)



ではでは…

気長にお試し下さい…!(^_^)
スポンサーサイト

| 質問コーナー | 13:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

質問:「エッセンスは子供にも与えられますか?」

「エッセンスは子供にも与えられますか?1才児とか‥‥」
というご質問を頂きましたので、ご了承を頂いた上で、こちらで回答をシェアさせて頂きます。

少し長くなりますが、順を追ってご説明します。

①まず、フラワーエッセンスの科学成分について
原液の主成分は、天然水とブランデー、塩、食酢等です。
メーカーによって配合が違いますが、主に天然水とブランデーです。
原液のアルコール度数は、20~25%です。これもメーカーによって変わります。

②成人の場合、大抵の場合はこれを希釈して飲用します
通常は9.5度のブランデー水30mlに、何種類のエッセンスを混ぜるかによって変わりますが、およそ原液を7~28滴加えて希釈したものを飲用します。
この希釈液の度数は、最大でおよそ10.6度。

これを1回に5~7滴飲用します。
1回のアルコール摂取量は、最大で約0.038ml。
1日に2回摂るとして、1日のアルコール摂取量は、最大で約0.076mlとなります。

必要があり、1日に数回摂れば、アルコール摂取量は1回分の0.038ml×摂取回数倍となります。

極端にアルコールに弱かったり、アルコールアレルギーを持つ等の場合を除けば、エッセンスを摂った後に車を運転するなどしても、およそ問題の無いアルコール摂取量のはずです。

子供でも、小学校に入るくらいの年齢になれば、与えても問題ないでしょう。
ただしその場合、その子の体質を十分に考慮するなど、保護者の十分な監督・注意が必要です。

③幼児~小学生未満の場合
希釈水に、ブランデーの代わりにリンゴ酢を用いたものを使うことができます。
ただし、これを与えられるのは、リンゴや食酢に対するアレルギーが無いことが前提です。

また、この場合も原液にはアルコールが入っているので、微量のアルコール成分が入ります。
この場合の希釈液のアルコール度数は、何種類のエッセンスを混ぜるかによって変わりますが、最大で1.1度ほど。
これを1回に5~7滴飲用します。
(飲料水やお茶などに混ぜて与えるとしても、総アルコール摂取量は変わりません。)
1回のアルコール摂取量は、最大で約0.0040ml。
1日に2回摂るとして、1日のアルコール摂取量は、最大で約0.0080mlとなります。
必要があり、1日に数回摂れば、アルコール摂取量は1回分の0.0040ml×摂取回数倍となります。
この場合も、その子の体質や年齢・体重を十分に考慮するなど、保護者の十分な監督・注意が必要です。

④乳児に与える場合
私のところでは乳児にフラワーエッセンスを与えたケーススタディが殆ど無く、申し訳ありませんが、その安全性に責任を持ってアドバイスを差し上げることが出来ません。
でも、フラワーエッセンス利用者のお母さんたちが、ご自分で勉強などして赤ちゃんにフラワーエッセンスを与えているのも事実です。
国内の殆どの利用者の場合は、お母さんがフラワーエッセンスについての勉強をある程度した上で、自己判断と保護者としての責任の上で与えているのが現状だろうと思います。

乳児に与える場合は、直接の口径は避けた方が良いでしょう。
また、希釈水に天然水のみを用いたものを使うのが、最も安全です。
それをスプレーボトルにして赤ちゃんのオーラに吹き付けて与えるか、皮膚のチャクラ上や、血管の近くに塗布するなどして与えているようです。
ただ、この場合の希釈水にも原液中のアルコール分は微量に含まれるので、それがけい皮吸収されることも考慮する必要があります。
また、授乳中の場合には、母乳からエッセンスのエネルギーを受け取ることが出来るので、お母さんが代わりにエッセンスを飲むという方法もあるようです。

尚、私のところでは扱っていませんが、メーカーによっては日本輸出仕様としてブランデー不使用の原液ボトルを販売しているものもあります。
これを使うのが、赤ちゃんには一番安全かも知れません。
[バッチフラワーレメディ]といい、世界で最も利用者が多く歴史のあるエッセンス・シリーズです。

(私もバッチフラワーを扱っていますが、ブランデー入りのモノなんです。f^^;)

様々な感情的トラブルに対応する39種類の花のエッセンスがあり、これだけで人間の基本的な感情的問題にはおよそ対処出来るとされています。
……と言っても、いきなり全種類のうちどれを使えば良いか分からないでしょう?
緊急用の[レスキュー・レメディ(またはレスキュー・ファイブ)]と呼ばれているエッセンスがあり、それが家庭に1本あれば、かなりオールマイティに様々な場面で間に合っているようです。
これだけを用いて、重宝している方もかなりいるようです。

(もちろん、赤ちゃんといえども人間の感情や個性は多様であり、これ1本ですべてのケースに対応できる訳ではないでしょう。)

数社から販売されていますが、その代表的なメーカーをご紹介します。

http://www.purnama-intl.co.jp/index.html
(このメーカーの物は、ブランデー不使用です。)

楽天さんで探しても、同じものが安く購入出来ます。

大抵のお母さんは、この“ブランデー不使用”のメーカーのものを天然水で希釈して、お子さんに与えているようです。

また、[バッチフラワー]は歴史が古く利用者も多いので、入門書も多く出版されており、アマゾンなどで簡単に入手出来ます。

| 質問コーナー | 20:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エッセンスの保存温度について

エッセンスの保存温度についてのお問合せがありましたので、こちらでシェアさせていただきます。

夏本番に突入してしまいましたので、いくら【直射日光を避けて常温保存】と言われても、かなり気になるところではございます。

でも、室内の日陰にあれば、27~28度くらいまでの室温であれば大丈夫です。

冷蔵庫に入れる必要はありません。

ただ、家中どこをさがしても室温が30度を超えているような場合は、やっぱり冷蔵庫に入れておきましょう。

もちろん、冷凍しないで下さいね!

そして出来るだけ、冷蔵庫のコンプレッサー(冷やすときにウィ~ン‥‥と唸る、あの冷蔵庫の心臓部デス。)から離れたドアポケットにでも入れてあげて下さい。

メーカーさんによっても、冷蔵庫OK!という方と、NO!という方がいらっしゃるのです。

まあ、それだけエッセンスの波動はデリケートで、ビミョ~なところに関してはまだ統一した見解が無いとお考え下さい。

(最新の量子物理論で、統一した見解がまだ無いのと同じようなもんです‥‥f^^;)

ビミョ~な取扱い方で、冷蔵庫に入れたエッセンスの質が変化する場合もあるし、そうならない場合もあります。

ただ、変質したエッセンスを飲んでも、多分害はありません。

効き目が感じられないだけでしょう。

そういうものです。

冷蔵庫内に長期(1ヶ月ほど?)保存して、効果が疑わしい場合には、ザンネンですが破棄しましょう。

これまで働きかけてくれたことに感謝して台所に流すなり、お風呂に入れるなり、グラスに開けて氷を浮かべて飲むなどして下さい。

高温の室内でも、希釈液に腐敗防止のためのブランデーや食酢が入っているので滅多なことはありませんが、一応気をつけながら飲むか、気になる方はザンネンですが破棄して下さい。

エッセンスの扱いは、自主的に関わって慣れてゆく姿勢がかなり大切です。

でも、安全度の高いものですので、感覚的に判断し、感じ取る、受け取るものに意識を向けて扱うことも大切にしてみて下さい。

| 質問コーナー | 21:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

質問コーナー開設しました‥‥っ!

ご利用者からいただくフラワーエッセンスの使い方などについてのご質問について、この場をお借りしてお答えさせていただきます。
「そうそう!‥‥このこと私もよく分からなかったのォ~!!」という方もたくさんいらっしゃると思います。
みなさんの素朴な疑問、何でもお問合せ下さいね!
みんなでをシェアしましょう。
あなたのモヤモヤ~が、みんなのスッキリ~ッ!になりますっ!!

では最初の質問です。

Q1 「フラワーエッセンスを飲む時に、例えば1回に7滴でしたら、1滴ずつを舌下にたらして飲むのが良いのでしょうか?それとも7滴をまとめて舌下にたらして飲めばよいのでしょうか‥‥?」

(^0^)/ハイッ!お答えしましょう!!
1滴たらして、飲んで、1滴たらして、飲んで、‥‥を7回繰り返す必要はありません。
7滴まとめて舌下にたらして、その場所に気持ち留めて、ゆっくりと飲んでくだされば結構です。


どんな「つまらない」「聴いたら恥ずかしい‥‥」と思われるようなご質問にも、誠心誠意お答えします。
答えられないような難しいご質問も、私の宿題にして調べて必ずお答えいたします!

質問ガンガンお寄せ下さ~い!!
お待ちしておりま~す。(^^)

| 質問コーナー | 09:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。