FC2ブログ

【セラピールーム 癒し堂】ブログ~癒し堂クロニクル

福井県【セラピールーム 癒し堂】店主のつれづれ日記です。

2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シルディ‥‥!

いやいや、先日のブログでは失礼しました‥‥っ!
妻は決して“意地の悪い”性格ではないんですョ。
ただ、あんなふうにブログのタイトルに書いてあると、見る人は「ギョッ」としてしまいますよね‥‥!
お騒がせしましたぁっ!
いつも仲良くやっております‥‥。


(3月19日、インド霊性修行のつづきで~す!)
さてさて、私たちはシルディの町に着きました。
プッタパルティに比べれば、かなり大きな町という感じがします。

インド街の売店

例にもれず、街のあちこちにシルディ・サイババのイラスト入り看板が掲げられています。
コウちゃんの弁によると、インドではサティア・サイババよりも、シルディ・サイババの方がポピュラーで人気もあり、崇拝者も多いようです。
同じ神さまの生まれ変わりなんですけどねぇ~‥‥。
シルディ・ババは生前の逸話が伝説化され、神格化されてしまったからではないかとも言っていました。
‥‥死んで亡くなると、人気が出るのだそうです。
そんなもんでしょうか?

さてさて、早目にホテルに到着した私たちは簡単なミーティングを済ませて、シルディでの今後の行動予定を確認し、さっそくシルディ・ババの祀られている寺院へ向かうことになりました。

ここシルディでも、ホテルから寺院までは歩いて行ける距離です。
ゾロゾロと隊列を組んで、夕暮れのシルディの街を歩いて行きます。
やはりプッタパルティ同様、ここシルディの街においても、どこもかしこもシルディ・ババ一色です。
ただ、ここシルディの方が街の人口も礼拝する人の数も多いようで、かなり賑やかな感じがします。

寺院とその周辺は広く迷路のように入り組んでいて、人も多く混雑しているので、うかうかすると迷子になりそうです‥‥。
入口で大きな布袋にみんなでサンダルを預け、はぐれてしまわぬよう金魚の糞(‥‥失礼!)のようにくっついて通路を進んで行きます。
建物の中は進行方向に沿ってずっと手すりで仕切られており、長い長い迷路を早足で進んでいくようです。
ホント、もの凄い早足でコウちゃんが先へ先へと進むので、みんな付いて行くのに必死です‥‥!

階段を上がったり降りたりして寺院の長い通路をひたすら辿ってゆくと、シルディ・ババの遺体が安置されている大きな部屋に出ました。
部屋の正面には、大理石で出来たシルディ・ババの大きな坐像があります。
‥‥かなり大きなものです。
でも、生前のシルディ・ババは実際にかなり大柄な人だったので、この大理石の坐像も実寸大に作られたものだとか‥‥。

遺体はその坐像の真正面下に安置されており、すぐ横の通路途中の床には、何気なく大きな鉄の扉があります。
その扉を指して、
「‥‥この下から地下通路があの下まで続いていて、ここからババの遺体を運び入れたんだョ!」
とも教えてくれました。
‥‥インド人でも、このことを知らずに鉄の扉の上を通り過ぎる人は多いそうです。
私たちは急ぎ足の途中で素早く立ち止まり、鉄の扉の上に伏して額を床に付けました‥‥。
(つづく)
スポンサーサイト

| インド霊性修行日記 | 13:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

意地の悪い妻デス

こんにちは!ミミです。
今回のタイトル、なんだこりゃ、と思った人、いるでしょ~。

実は、フラワーエッセンス飲んですっかり元気になった私が、あまりにもちょっかい出したり、意地悪したりするので、オットが、「ブログに意地の悪い妻って書くぞ」と言うので、先手をとって、自分で宣言したわけです

でもね~、オットよ。
自分が元気じゃないと人には優しくなれないっていうけど、元気ないときはちょっかいも出ない。
つまり、今は調子がいいということなんですよ。
だ・か・ら・大目に見てくださいな

| ミミのフラワーエッセンスな日々 | 08:55 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

霊性修行‥‥!

車中一泊のゆったりとした鉄道の旅を楽しんだ私たちは、駅からシルディ村まであと少々の距離を、バスで移動することになりました。

バスといっても、インド一般国民が日常的に利用するような、窓ガラスも昇降口ドアも無いような“おんぼろヨレヨレガタガタの暑苦しく、むさ苦しい”バスでは無いんでございます‥‥!
何と!‥‥泣く子も黙る、エアコン完全配備の超豪華バスなんでございますっ!!
バス
じゃぁ~ん‥‥っ!!
あのインドでエアコンバスで移動するとは思っていませんでしたっ!
“庶民の旅”という感覚が、すっかり刷り込まれておりまして‥‥。

正直な話、最初はこのような旅のスタイルに少々違和感を覚えておりました。
デリーでは最高級、プッタパルティでも高級クラスのホテルに宿泊していましたし、「これではインドの旅の面白さは半減してしまう‥‥」と感じていたのです。
でも‥‥。
今回は、旅の目的が違うんですよね!!
だから、これでイイんです。
というよりは、これが今回の旅では“望ましいスタイル”なのです。
‥‥そう気がつきました。

と、申しますのは、今回の旅の目的はあくまで“霊性修行”です。
‥‥“観光旅行”ではないのです!
“旅そのものを楽しむ”というのであれば、私がかつて体験したような貧乏旅行も立派な“観光旅行”のうちに入ってしまいます。
ですが、“霊性修行”を第一の目的とするのであれば、露店で気軽に口にした菓子で腹をこわして下痢をしたり、暑さと疲労に苦しめられる辛い長距離移動で体調を崩したりしていては、アシュラムの硬い石の上で集中して長い時間座ったり、広い寺院内を集団行動に遅れをとらずに早足で移動することなど出来ないのです‥‥!!
ですから、このエアコンバスで到着したシルディ村の滞在ホテルもかなり豪華なものでした。
心身に疲れをなるべく溜め込まずに修行に専念するには、理想的な滞在環境です。
‥‥これもやはり、決して贅沢をすることが目的なのではなく、コンディションが整った状態で瞑想し、“神”を感じ、コウちゃんのワークからより多くのものを受け取るためには、必要なことなのです。
“神”により近づくためのご褒美として、神からの恩寵として、ありがたく受けとめることにしました‥‥!!

(滞在中のホテルの食事も、この旅の間どこのホテルでもずっと‥‥、美味しかったですョ‥‥!!)

(つづく)

| インド霊性修行日記 | 11:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鉄道の旅

(3月19日のインド霊性修行の旅から‥‥)
汽車の子供
おはよ~ございま~す‥‥!
インドの旅の醍醐味は、この鉄道にこそございます。
昨夜列車強盗のごとく夜汽車に乗り込んだ私たちは、心地よいレールの響きを子守唄にぐっすりと眠り、朝の光を浴びて大地を疾走する列車の中ですがすがしい目覚めをむかえたのでした‥‥!

列車の中を、売り子がいろいろな物を売ってまわります。
チャイ(インドのミルクティー)や新聞、スナック菓子などなど‥‥。
チャイを2杯ほど飲んで野菜カレーサンドのような朝食を済ませると、次の目的地シルディまではまだ時間がかなりあります。
それで窓の外を走りすぎてゆく大らかな赤い大地を眺めたり、隣り合わせたインド人たちと話したり(彼らは大抵英語が出来ます。‥‥が、こっちゃテキトーなカタコト英語しか出来ませ~ん!)、列車の中をウロウロして昨夜生き別れ(?!)になった仲間の安否を確認したりと、ゆったりとした汽車の時間の流れを過ごしたのでしたっ!
‥‥どのメンバーも、インドの汽車の旅にすっかり溶け込んじゃってます。

たまたま私たちの車両に居合わせたインド人たちの中に、若くて賑やかなインド国空軍の若い訓練生(“エア・フォース・アーミィ”と言っていたような気がする。)たちがおりました!
どの子も、とっても若いです。18歳前後でしょうか?
次の訓練基地へ移動する途中のようです。
(‥‥鉄道を使うんですね!)
彼らにしてみれば私たち日本人は珍しいので、好奇心旺盛にいろいろ話かけてきます。
華やかな日本女性陣のいるシートでは、彼らを巻き込んでダキニカード・リーディング大会なんかも始まっちゃいましたっ!
“ダキニカード”って私はまだ詳しく知らないのですが、コウちゃんがワークの一部でみんなに教えているもので、うんと平たく言えばインドのヴェーダ版タロットカードのようなもの。(ぜんぜん違っていたらゴメンナサイ‥‥!!)
よく知っている人はこれを“魂のカード”などとも呼んでいます。
読み解くのは、かなり難しいようです。
数人のヤング・アーミィを相手にこのカード・リーディングをしていたら、「何だ?!‥‥なんだ??!」と仲間のアーミィたちが集まって来て、通路が完全通行止めの黒山の人だかりになってしまいましたぁ~‥‥っ!!!
一人一人にカードを読んであげる度に、“やいの、やいの!”の大盛り上がり!
‥‥まったく楽しくて賑やかな連中です。
でも、みんな同じようなインド青年の顔に見えても、一人一人のカードを読み取っていくと、そのカードを通して一人一人の個性というか、それぞれのキャラクターが浮き彫りになってくるんですよねぇ~‥‥。
この子だったら、このカードを引くのもうなずけるというか‥‥。
まったく十人十色‥‥。
お祭り騒ぎ大好きな、ちょっとお調子もの。
からかわれてばかりで地味だけど、じつはみんなから頼られている子。
真面目で純粋すぎて、カードの悪いメッセージばかりを気にしてしまう子‥‥。
でもそんな彼をみんなで気遣ったり、それぞれの持ち味で優しくフォローしたりで、なかなかどの子も好感が持てて、味のあるイイ連中なのでした‥‥!!
(つづく)

| インド霊性修行日記 | 12:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最大の難関‥‥?!!

長らくお待たせしましたっ!
インド霊性修行日記のつづきで~す。(^^)

サイババとの衝撃的ともいえる感動の対面を果たした私たちは、プッタパルティを後にすることになりました。
さらば優しき町よォ~‥‥ッ!

インド 街の人々

夜行列車に乗るまでの午後の時間を各自自由に過ごし、インドの夜の駅へと向かいます。
次なる目的地は、サティア・サイババが「シルディ・ババ」として前世を過ごした町、シルディです!
夜の駅で長いこと汽車を待つあいだ、プッタパルティの町で縁のあったインド人たちとの別れを惜しんだり、お茶飲みながら写真撮ったり、みんなひっついて“かき揚げ”状態のままホームの上で寝そべって夜空をダラダラ見上げたり、みんなちょっと次元を一歩踏み外した、はじけたテンションで不思議な夜の駅を過ごしたのでしたっ!
(このときの写真をお見せ出来ないのがヒジョ~‥‥にザンネンです‥‥!!!
一応はプライバシーを考慮しておりますゆえ‥‥。)

さてさて、私たちはこうして楽しいひと時を過ごしたのですが、この後、このインドの旅唯一にして最大の難関が私たちを待ち受けていたのであります!!
‥‥と申しますのは、インドの列車って、乗るのも降りるのも、そりゃあてぇへんな思いをするものなんでございますョ。
到着時間が恐ろしくアバウトな上に、アナウンスはよく分からない、ホームに入ってきた列車もお目当てのものかどうか定かで無い、停車時間も分からない、おまけにこの時間だから乗り込んだ寝台車両の中は真っ暗闇ときている、しかも先に寝ている乗客ばかりなので明かりを点ける訳にもいかない‥‥。
駅ホームのノラ犬たちとやたら仲のイイ30人ものちょっとおかしなテンションの日本人たちが、大きなスーツケース抱えていっせいに乗り込まなければならないのですっ!!!
そりゃあホントにてぇへんですわ‥‥って訳で、コウちゃんが陣頭指揮を執ってホームの上で汽車に乗り込むための綿密な作戦会議を開き、乗り込む車両ごとにチームに分かれ、列車が到着するさまざまなケースを想定してシュミレーションを繰り返したのでした‥‥っ!なんだかなぁ~‥‥。

そして、‥‥ついに最大のヤマ場っ!
暗闇のホームにすべり込んできた、“それ”とおぼしき列車にみんないっせいに駆け寄り、血走った眼ですばやく自分の乗り込む車両番号を確認し、スーツケースを流れ作業でホイホイ‥‥ッ!と手渡して
「それぇ~っ!続けぇ~‥‥ッ!!!」とばかりにさながら列車強盗のごとく車両になだれ込んだのです‥‥っ!!!
どわわわわわぁ~‥‥‥‥ッッ!!!!!

‥‥どうやら全員無事に乗り込んだようです。
あとは、暗闇の中あ~でもないこ~でもないと言いながら、ゴソゴソと自分の寝台を探します。
(人の寝台に勝手に寝ているインド人もいるのです!)
そしてやっと見つけた自分の寝台に身を横たえ、散り散りの車両に分かれた仲間たちの無事を祈って、夜の闇の鉄道の心地よい響きの中にクッタリとまどろんでゆくのでした‥‥。
(つづく)

| インド霊性修行日記 | 18:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最近飲んでいたエッセンス

コウちゃんと私たちの“偉大な始まりのワーク”に参加された方、もちろん全国からシャクティを送ってワークに参加して頂いた方々も含めて、たいへんお疲れさまでした。
コウちゃんと別れる悲しい涙なんかみじんも無くて、偉大な祝福の場に立ち会えた歓喜の涙ばかりが滝の如くにあふれ出して、魂をすっかり洗い流してくれました‥‥!!
みんなにとっての、素晴らしい旅立ちの日になりましたね。
コウちゃんと私たちの仕事は、これから始まるのです‥‥!!
コウちゃん、ありがとう‥‥。

さて、ここ最近私がとっていたフラワーエッセンスと、それに関係して感じたこと、身の回りに起こったことについて少し整理しておこうと思います。
凄かったですよォ~‥‥ッ!

まず特筆すべきは、やはり何といってもグラガ(注1)でしょう。
hm gulaga_mush_R
グラガはトランスフォーメーションのためのエッセンスです。
その人の魂に必要な、大きな変容をもたらすと言われています。
その驚異的な変容への働きかけは、エッセンスファンの間では伝説とさえなっています。
その人を取り巻く環境や人間関係のあまりの変化の凄さに、摂ることをためらう人も多いのです。
ネイチャーワールド(株)さんのカタログには、「準備ができたらこの1本 とっても!!強力な変容のエッセンス」などとも紹介されています。
言いえて妙で、まさしくその通りです。

インドでの一連の出来事がグラガによるものだとすれば、これはけた外れにとんでもないパワーを持ったエッセンスです‥‥!
エッセンスをとる予定を長期に立てていたので、インドへ霊性修行に行く1ヶ月以上前から途中2週間の休みを挟んで、インド旅行が終わるその日までグラガを飲んでいました。
んで、結果はこのブログにご紹介した通りです‥‥。
‥‥‥‥‥‥。(声も出ない。)
グラガおそるべし‥‥。

帰国後はインドで買って来た水晶晶洞(注2)を使ったエッセンスを作って実験をしたり、まだ流れきっていないエネルギーの滞りがあるような気がしたので、アザラシのエッセンス(注3)を摂ったりしていました。
ジオード   アザラシ
アザラシは、人生をブロックしている障害物を取り除いたり、潜在的に持っているものを開発するためのエッセンスです。
エッセンスのエネルギーの働きは、具体的にはっきりと掴み切れない場合も多いと私は考えています。
ただ、その人が持つエネルギーの流れに、大きな影響を与えていることは確かだと思います。
大きな働きをするものほど、霊妙で深遠な影響を与えると思っています。

夢からのメッセージの導きでエンジェルソード(注4)を含めたコンビネーションをしばらく摂っていたところで、コウちゃんが光の次元へ移行されました。
これは直観力を高め、ハイアーセルフとのつながりを良好にするエッセンスです。内なる声への自信が強められ、スピリチュアルな物事を正しく見極められるようになります。
「あらかじめ飲むように」というメッセージだったのでしょうか?
ab angelsword
それでも悲嘆に暮れてズッポリと落ち込んでいた私に妻が差し出してくれたのが、スタート・デザート・ピー(注5)とレッド・スヴァ・フランジパニ(注6)でした。
スタート・デザート・ピーは【悲しみの感情を解放する】ためのエッセンス。
sturtdesertpea-2.jpg
そしてレッド・スヴァ・フランジパニは【愛するひとやパートナーとの離別・死別の感情を癒す】エッセンスです。
red suva frangipani
この2つのエッセンスのおかげで、私は感情の混乱を整理し、解放し、課題を昇華させることができました。

グラガやアザラシの働きが、コウちゃんが光の次元へ移行したことと関係あるのかどうかは、私には分かりません。
ただ、私たちをとりまくこの世界は、(私たち一人一人の個人的存在も含めて)果てしなく霊妙に、精妙に出来ているのではないかと私は思うのです。
この宇宙は、人間の理屈や理論の網にかかりきるようなものでは無いのです。

そしてフラワーエッセンスとは、その霊妙で精妙な“この世界”に、確かに働きかけるものなんだと私は思っています。


(注1)グラガ【ヒマラヤ・エッセンス】
グラガは、キノコのエッセンスです。ヒマラヤ・エッセンスは、タンマヤ氏による一連のエッセンス・シリーズ。中でもグラガの人気と知名度はダントツ!その人の人生や魂に最も必要な変化をパワフルにもたらします。なお、お試しになる方は大きな変容を覚悟の上で‥‥!!!

(注2)水晶晶洞
PHIエッセンスをプロデュースするアンドレアス・コルテ氏がエッセンスを作るのに用いる方法。詳しくは4月18日のブログをご覧下さいませ!

(注3)アザラシ【PHIエッセンス】
コルテ氏によるアニマル・エッセンスの一つ。摂りたいと思っていたところで、テレビ映像からシンクロしたメッセージを受けて、摂ることに決めました。(普段私はあまりテレビを見ません。)

(注4)エンジェルソード【オーストラリア・ブッシュ・フラワーエッセンス】
直観力を高め、ハイアーセルフとのつながりを良好にします。内なる声への自信が強められ、他人の言葉や氾濫する瑣末な情報に惑わされなくなります。スピリチュアルな物事を正しく見極められるようになります。またオーラプロテクションも強められ、ネガティブなエネルギーを寄せ付けなくなるとともに、侵入したネガティブなエネルギーを外へ排出する働きもあります。過去生で身に付けた知識や技能にアクセスする働きもあります。

(注5)スタート・デザート・ピー【オーストラリア・ブッシュ・フラワーエッセンス】
今回は大変お世話になりました。本当に必要なときに、フラワーエッセンスというものは本当によく働きかけてくれますね!悲しみを“涙”というかたちで充分に解放すべき時に、それを手伝ってくれます。魂の浄化のためのエッセンスです。

(注6)レッド・スヴァ・フランジパニ【オーストラリア・ブッシュ・フラワーエッセンス】
このエッセンスにも助けられました。愛する人や親しい人との離別・死別に伴う感情の混乱を、やさしく癒してくれるエッセンスです。

(写真の転載は、ネイチャーワールド株式会社様から承諾を頂いております。)

| 試してみました! | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ひかりのくにへ‥‥

大切なひとが亡くなりました。
‥‥いや、「亡くなりました。」なんて言ったら失礼ですが。

ひかりのくにへ旅立って、精霊たちの仲間入りをしました。

その人は、とっても大きくて、優しくて、たくさんの愛でみんなの足元を明るく照らし、手をとって励まし、暖かい光のさす方へ導いてくれた、素敵な人でした。
‥‥そう、コウちゃんです。
突然の、ひかりのくにへの旅立ちでした。

コウちゃんのことだから、新しい旅が始まってからもまた修行にいそしんで、今度はひかりのくにから私たちを見守り、私たちを心の中で導いてくれることでしょう。
コウちゃんが肉体をもったまま私たちに教え伝えることは、もうなくなったのですね‥‥。

私たちも新しい旅を始めて、コウちゃんが本当に教え伝えたかった大切なことの一つ一つを、自分のものにしてゆかなければなりません‥‥。

明日のコウちゃんのお別れ会に出席するために、これから大阪へ向かいます。
コウちゃんの、ひかりのくにへの門出を、みんなで祝福するためにです。

コウちゃん、今までホントにどうもありがとう!
もう姿は見えないけれど、これからもいつも、ず~っと一緒だね‥‥!!


このブログの【インド霊性修行日記】はまだまだ途中で~す!
コウちゃんへの熱~い感謝の意も込めて、まだまだまだまだ‥‥っ!最後まで目が離せない、てんやわんやのインド感動大冒険紀行は続きますよぉ~っ!!
よろしくッ!



ヒーラーとは、光と愛を与える人だ。
E8BC9DE3818FE382B5E38388E382A6E382ADE38393E381AEE88AB1.jpg

| インド霊性修行日記 | 11:11 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サイババからの感謝

長らくお待たせしました~。
インド霊性修行日記のつづきです!

“光”の体験までお話したんでしたっけ‥‥?
えっと、このブログをこの辺から読み始めてしまって、何がなんだかわけ分からん方のために、(カテゴリ → ヒーリング修行日記)で探せば始めから通して読めるようにしました。
興味のある方はご利用下さい。

(3月18日木曜日)
さて、そうこうする内に私たちは、プッタパルティ滞在4日目の朝を迎えました。
今日の午前中が、ババとの最後の対面となります。
日を追うごとに体験する内容は強烈になり、「こんな調子では今日は一体どんなことになってしまうのだろう‥‥。」という期待も不安もありました。
でもその一方、「この際、行くとこまで行ってやるわい。どうとでもなれェ~ッ!」
といった気分もありました。

アシュラムの中は、いつ行っても本当に気持ちの良い空間でした。
その日は比較的静かにみんなでサイババを待っていたと思います。
(昨日のような宗教的熱狂空間ではなく‥‥。)
そうそう、サイババを待つ間、そしてサイババ登場後もその日はずっと、インド民族音楽のミュージシャンたちがタブラーやシタールのこの上なく美しい演奏をしていました。
‥‥そうした中に、サイババが入場してきたのですが。
私の気持ちが、すっかり落ち着いていたせいでしょうか?
その日は非常に穏やかな気持ちでサイババと対面することができました。
気持ちに余裕もあったせいか、サイババと離れた場所からコンタクトをとるコウちゃんの様子も見ることが出来ました。
‥‥たしかに、コウちゃんとサイババが離れた場所に位置しながら、手振りを交えて何かコミュニケーションを取っているようです。
「ああ‥‥。コウちゃんはホントにサイババと話してんだな‥‥。」と思ッたらちょっと可笑しくなってしまって、それをずっと見ていました。

ババとの最後の対面はこうして穏やかに終わりましたが、ババと直接話をしていたコウちゃんにとっては、やはりかなり特別なものだったようです。
コウちゃんがババと何を話していたのか、何がどう特別だったのか、後で彼が教えてくれたことなのですが、どうもサイババは、私たち霊性修行ツアーのメンバーみんなへの、“感謝”を伝えてくれたようなのです。

私たちみんなが、神に対してすっかり自分をゆだねて、全面的に心を開いてくれたことへの感謝でした。
すべてをゆだねきってくれたから、
『私はあなたたちに、ありったけの“光”を存分に注ぐことが出来た。』‥‥と。

‥‥それがあの“光”だったのか‥‥!!!

そしてもう一つ、サイババがわたしたちに感謝してくれたことがありました。
昨日、女性メンバーの数名が、高齢のサイババの健康を気遣う祈りを捧げてくれていたようで、サイババはもちろんそのことを感知して理解しており、そのことに対する感謝をコウちゃんに伝えてくれたようなのでした。

「7~8名の女性が自分のために祈ってくれていることをサイババは感じて分かっていて、そのことにもみんなに礼を言っていました。‥‥私を崇拝して自分の願いごとをする人々がほとんど全てであるのに、私のからだの健康を祈ってくれて本当に感謝している‥‥と。」

『これだけ大勢の人が私のところへ来るけれど、本当にあなたたちのように純粋に、まっすぐに神を思ってくれる素晴らしいグループはいない‥‥!』
‥‥とも言ってくれたようでした。

コウちゃんとババの手振りのコミュニケーションを楽しんで見ていた自分が少し恥ずかしくなって、ババがわたしたちに感謝してくれているというそのことに、また感謝の思いがこみ上げ、ババが本当に望んでいることが一体何なのか、少し理解できたような気がしたのでした。
(つづく)


追記

世紀の大実験!~みんなのエネルギー・コードをサイババとつなぐとどうなるか?!
‥‥の結果は、以上に書きましたとおり、言わずもがなですね!

| インド霊性修行日記 | 00:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久々更新だけど、またワンコ話(^。^;)

こんにちはっ、ミミです。
私の更新は久々でございますねスイマセン

昨日までの天気とはうって変わって、今日は雨
だけど、ウチの愛犬タローを洗っちゃいました
タローお風呂
GW中に洗えたら良かったんですけど、5日に超入門講座があっったもんで、色々と忙しくて…。自宅二階でやったので、主に掃除が大変だったのです…。普段あまり掃除しないので

で、そのタローちゃん。実は水が怖いのです。
今まで洗うたびに、「ひいぃ~ん」と鳴いていたので、今回はオットにエッセンス選んでもらって飲ませてみました。
ええっと…、エッセンスはドッグローズ(注1)とグレイスパイダーフラワー(注2)の二種類。ホントは、あとボウヒニア(注3)もあげた方が良かったみたいなんですが、ちょうどきらしてて。
あげた二種類はどちらも恐怖に対するエッセンスらしく、タローちゃんは「やっぱり嫌だな~」という顔はするものの、いつもよりおとなしく洗わせてくれましたよ


ドッグローズ
(オットの注1)ドッグ・ローズ【オーストラリア・ブッシュ・フラワーエッセンス】
“怖がり”や、“恐れ”などの感情に働きかけるエッセンス。「お墓や暗がりがコワイ‥‥」などの感情。

グレイスパイダーフラワー
(オットの注2)グレイ・スパイダー・フラワー【オーストラリア・ブッシュ・フラワーエッセンス】
ドッグ・ローズのうっすらとした怖さに比べて、こちらはもっと強烈で明確な恐怖の感情に対応するエッセンス。叫び声や悲鳴を上げたくなるような‥‥!!!

ボウヒニア
(オットの注3)ボウヒニア【オーストラリア・ブッシュ・フラワーエッセンス】
タローちゃんにボウヒニアが必要かどうか迷いましたが、自家用のをちょうど切らしておりまして、今回は与えませんでした。ボウヒニアが働きかけるエネルギーの状態は、“不慣れなものに対する苦手意識”です。

でもドッグ・ローズとグレイ・スパイダー・フラワーを与えただけでも、タローちゃんはいつもお風呂に入る時よりは随分とおとなしく、穏やかな安心した表情で体を洗わせてくれましたョ!いつも逃げ回ってスゴイんです‥‥!

(写真の転載は、ネイチャーワールド株式会社様から承諾を頂いております。)

| ミミのフラワーエッセンスな日々 | 15:57 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フラワーエッセンス超入門!

癒し堂2F(‥自宅です!)の大部屋を初めて利用しての【フラワーエッセンス超入門!】、おかげさまで無事成功裏に終了いたました。
どうもありがとうございました!

今日は、フラワーエッセンスについての予備知識がまったく無い方が2名も受講されました。
しかし、知識ゼロの方でも、初歩から理解できる分かりやすい写真豊富なスライドと、親切丁寧を第一に心掛けた解説とワーク実習により、お二方ともエッセンスを正しく選ぶために欠かせない専門的なテストを充分に楽しみながら理解していただき、最後にはご自身に必要なトリートメントボトルをきちんと作って帰っていただくことが出来ました!
お二人の熱意と努力と好奇心に、大いに感謝です!
ありがとうございました!!

予定終了時間を少しオーバーしましたが、1日でフラワーエッセンスの基本知識にはじまり、自分のトリートメントボトルを作ってしまうところまでやってしまうというのは、やはりかなり盛りだくさんなメニューではありました。
キャッチコピーにうたった通りの、ホントに正真正銘の【スーパーワークショップ】でしたっ!
でも皆さん、ほんとうにきちんと理解していただいたようで、正直ホッとしました。
感謝、感謝です!

フラワーエッセンスの基本概念を理解することから始まり、ある程度実用性のあるスキルと知識を身に付けてもらうためには、どうもこの【1日だけで集中的に必要なことをマスターしてしまう】というやり方が良いようです。
将来的には、定期的にこの【1日スーパーワークショップ】を開催したいと考えています。

この【スーパーワークショップ】を受講した後で、平常開催している教室に参加された方が良いと思うのです。
平常教室の2時間だけでは、やはり初めて来られた方はその日は何も分からず終わってしまいます。

このことについては、詳細決まり次第またこの場を借りて皆さんにお知らせします。

よろしくお願いします!m(__)m

| フラワーエッセンス教室 | 22:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夢のエンジェルソード

当然といえば当然ですが、私は毎日フラワーエッセンスをとっています。
自分で何を飲むか決めて、トリートメントボトルを作って飲みます。
‥‥で、あるエッセンスを飲み終わる頃、「次は何を飲もうかな~。」と考えます。

ab angelsword
今朝の夢の中で、何故かエンジェルソード(注)が出てきました。
夢の中でエッセンスが登場したのは、じつは初めてです。
エンジェルソードは、その存在を知ったときからずっと気になっていたエッセンスなのですが、飲む機会が今までずっとありませんでした。
おかしなもので、飲んでみたいと思うエッセンスがあっても、今自分が必要としていないものは後回し後回しになって、いつまでも飲む機会に恵まれないのです。
やっと順番がまわってきた感じのエンジェルソード。
夢で「おい。そろそろ俺の出番だよ‥‥!」
と知らせてくれたのかも知れません。


(注)エンジェルソード【オーストラリア・ブッシュ・フラワーエッセンス】
 直観力を高め、ハイアーセルフとのつながりを良好にします。内なる声への自信が強められ、他人の言葉や氾濫する瑣末な情報に惑わされなくなります。スピリチュアルな物事を正しく見極められるようになります。またオーラプロテクションも強められ、ネガティブなエネルギーを寄せ付けなくなるとともに、侵入したネガティブなエネルギーを外へ排出する働きもあります。望ましくないエネルギー的なつながり(エネルギー・コード)を断ち切る作用もあり、また過去生で身に付けた知識や技能にアクセスする働きもあります。

(写真の転載は、ネイチャーワールド株式会社様から承諾を頂いております。)

| つれづれ日記 | 10:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。