FC2ブログ

【セラピールーム 癒し堂】ブログ~癒し堂クロニクル

福井県【セラピールーム 癒し堂】店主のつれづれ日記です。

2011年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私たちの魂の役目

もうすぐ2012年。

あっという間の1年でしたね!

3月に震災があり、それ一色の1年でしたが、来年(から)は日本も世界も、今年以上の相当な混乱が予想されます。

心ある人や、それなりに独自に情報を仕入れて勉強している人には、心や生活の準備がもうあらかた出来ていると思いますが、まだ“自分自身の意識や生活のあり方を変える必要性を感じていない人”たちは、これからかなり辛く苦しい思いをされるのではないかと思います。

そういう人たちに、何かしてあげられる方法は無いものかと悩むところでもありますが、こればかりは、もう、“気付く”ということは、自分の責任において、“自分の人生に必要なことに気付いてゆく”しか無いというということで、例え誰であろうと他人さまの口出しできない部分、大きなお世話になってしまいます。

その人の魂の学びというのは、一番肝心なところで、一番人に譲ってはいけないところだからです。

もちろん、その人が“気付きが必要だ”ということに“気付き”、助言を求められれば、周囲の人も出来る限りのサポートが出来ます。

でも、サポートは、サポートでしかありません。

その人の人生の主役はその人であり、助言やサポートをどう受け止め、受け入れ、自分の人生にどう活かして行くかは、やはりその人次第なのです。

黙って(大きな愛で)見守ってあげることも、私たちが出来る大きなサポートの一つだとは思いますが。

(守護霊がその人の人生に原則不干渉だったり、地球外高次元生命が地球に原則不干渉なのは、その辺の理由もあるのではないかと私は思っています。彼らが“見守る”というのは、そういうことなんだと思います。)


もちろん、このように大切な時期ですから、私たち一人一人の一瞬一瞬の判断が、今後の世界のあり方を決めて行くでしょう。
一人一人が創造神の分け御霊として、同時進行で世界創造に参加しているという意識はあった方が良いかとは思います。

でも……。

「どんな大混乱があるかまだ分からないにせよ、それを通り越した向こうには、スバラシイ新しい世界が待っている。」
……みたいなことが予想されるという、かなり大雑把な基礎知識だけあれば、あとは全く不安になる必要は無いと思います。

……だから、ある意味、開き直って生きましょう!
(決して、ヤケになるという意味ではありません!)

すべてはオーライ。
なるようになるのです。


一人一人に相応しいパラレルワールドを瞬間瞬間に創造し、自分に相応しい未来を選んで行くのかも知れませんね……!

だから、自分にもっとも必要な世界が用意される。


今この時期に一番必要なことは、自己同一性とか、自己の統合とか、そういうことだろうと思います。

……自分を受け入れるということ。

やはりそれが全ての基本で、それさえ出来れば、あとは意識を高めるとか、次元や波動がどうのこうのとか、特に考える必要ないとも思います。

ポールシフトなどの“想定外の”甚大災害が本当に来たとしても、生き残る最大限の努力は必要だろうけど、手段を選ばず何が何でも無理して生き残ればいいものでも無い。
UFOに拾われて地球脱出する役目のある人は、そうすれば良い。
自分の魂に必要な舞台が用意され、自分に必要な役目が与えられる、それだけのことです。
あとは自分の役目を忠実に果たすことだけを考えれば、それで良い。
‥‥その瞬間瞬間に。

……神の意のままに。

私的には、今の自分の意識や波動レベルを高めることを意識しすぎることが、かえって自己否定にもつながるような気がして、今はそういうことを考えないようにしています。

とにかく、ありのままの自分としっかりと繋がっていること。
それには統合(自分のさまざまな側面を受け入れること)も必要かも知れませんが……。

とにかく、今は、このかつてない人類史上の大転換期の生き証人として、同時代にリアルタイムで生きることが出来たことを、私の魂に与えられた特別なギフトだと思って喜んでいます。

皆さんも、其々の魂の役目がこの地球で最大限に、最良のかたちで発揮できますように……!

神さまの愛撫は少々荒っぽいかも知れませんが、人類史上最大のイベントを(それぞれの思いで)大いに祝い、楽しみましょう……!!!

皆さんの魂が、まぶしく光り輝きますように……!!!


ありがとうございました。

よい年末年始をお迎え下さい。
スポンサーサイト

| つれづれ日記 | 22:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

この人の意識の高さはいつも凄いと思う

ブログの紹介です。
でも、そのまんま貼り付けでは芸がないので、私の意見というか、感想も付け足しさせて頂きますね‥‥!
(ホント、まったく蛇足ですが‥‥f^^;)

いつも好きで欠かさず読んでいるブログです。
私よりもずっと若いらしく、普通の人ですが、とても意識が高くて謙虚な人柄が感じられて、「凄い人だなぁ~」と、いつも関心して読みながら、勉強させて頂いております。

本文全文は、こちらをどうぞ。
→天下泰平「精鋭の魂たち」
http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51779083.html

以下、私が「凄いんだな、スバラシイな‥‥^^」と感じた部分の抜粋引用です。




‥‥それはさておき、なぜ「人類の意識進化」が必要だと思ったかといえば、単純に【本当の意味での世界平和】というものを実現させて、自分が存在している地球を優良星にしたいと思ったからです。

ただ、この【本当の意味での世界平和】というものが、意外とやっかいなものでした(ちなみに「世界平和」という言葉を頻発するとすぐに宗教のイメージがあるかもしれませんが、自分は無宗教です)。

幼い頃から「世界平和」という言葉は良く聞くものの、一体何がどうなったら「世界平和」なのかのイメージがさっぱり出来ませんでした。

「戦争を絶対にしないと世界中の人々が約束すること?」「すべての核兵器や武器をこの世からなくすこと?」

などなど色々考えましたが、そんな見せかけだけの平和では、継続することは到底不可能ですし、そもそも「戦争」や「兵器」だけが「世界平和」に関わるものではなく、人々の当たり前の日常の中にも「世界平和」のヒントが隠されていると思うようになりました。

そんな中、日月神示の一文で「夫婦和合が世界平和の雛形」という言葉を知りましたが、まさに家族や身近な人、日々の一瞬一瞬の場面において「世界平和」の一部は存在しており、結局のところ【本当の意味での世界平和】の実現とは、人類一人ひとりの意識次第であると認識するようになりました。

それと同時に、人類の意識が関わってくるものであるなら、この『結果の世界』である3次元地球には「世界平和」の実体は存在せず、人間の意識が存在する『原因の世界』を変える必要があると思いました。

以前にも伝えましたが、我々が存在している現在の地球、それは『結果の世界』です。
この世界に存在している「もの」、起こる「事象」のすべては、その時代、その惑星の人類の「今」にとって、最もふさわしい状況が用意されます。その惑星の人類の意識レベルによって、その惑星の舞台が創られ、すべて調和するようにバランスがとられているように思えます。

「いつまでも戦争、核兵器、原発やらと、人類はどこまでバカなんだ」と嘆く人も多いかもしれませんが、それらの人も含め、今現在、僕らが住んでいる次元の惑星にそれらの存在がある限りは、誰のせいでもなく「今」の我々の意識レベルに必要な存在であります。

「いやいや、自分はそんなものを求めていないので違う」と言いたいところですが、これは潜在意識(『原因の世界』)の問題であり、我々一人ひとりの潜在意識は、すべてホストコンピュータである地球と繋がっているので、誰かの責任は己の責任、己の責任は、もちろん己の責任でもあり人類全体の責任でもあります。

だから、戦争一つにしても、戦争を仕掛けた国、裏で操っている国、実際に銃を持ち、戦っている兵士、兵器や武器を作っている人の誰が悪いとかはなく、「今」の地球の人々の潜在意識(『原因の世界』)が、それらすべてを必要としているからこそ『結果の世界』で存在しているのであり、その結果を生み出した責任(原因)はすべての人類に共通にあると思っています。レプティリアン、イルミナティを使って地球を管理するのもね。3次元を超えた世界に善悪は存在しません。

だから、何度も伝えているように、誰かや何かを非難しても何も意味がなく、「ホ・オポノポノ」のように、直接関与してなくてもこの世で起こることのすべての原因は、自分にあり、解決する方法も自分の中にあると思っています。

その視点から考えると、世の中の状況が良くも悪くも大きく変化することは、今まで存在していた惑星の舞台と人類の意識のバランスが崩れてきたことを意味しており、今回の原発事故も良い意味でとらえれば、人類の意識が向上してきたことによって、原発自体にこの惑星で存在する必要性が無くなってきたのかもしれません。


・・・これから先の地球での大激変は、避けられないものとなっていると思います。
その中で、この『結果の世界』においては、一見辛いと思うことが色々起こるかもしれません。

何か辛いことがあった時、人は「なぜ、自分だけがこんな目に?」と思うことがしばしばありますが、これも惑星と人類の意識レベルの調和の法則と一緒で、身に起こることのすべては、その人の「今」にとって必要で必然のものとなります。

潜在意識の世界では「自分なら乗り切れる」と決めて引き寄せていますし、天上界も「その人だから耐えきれる」と判断して、すべてのことは起こされていると思います。

だから、今までの人生において辛い境遇が多かった人、これから辛い境遇が多い人は、それだけ忍耐力も強い魂として選ばれたと誇りに思っても良いと思います。

もう、同じような境遇、もしくはもっと辛い境遇の人と自分を対比することで、その心境を克服するような『結果の世界』だけに視点を置く考え方の時代も終わりだと思います。


これは、個人だけでなく人類全体も同じだと思います。
これからの大激変は、今までの人類が体験しなかったほどの規模になると思います。

そんな時こそ「なんでこんな時代に生まれてしまったのだろう」と思わず、この大激変に耐え、乗り切れる『精鋭の魂たち』が、この時代に選ばれ、降ろされたことを決して忘れてはいけないと思います。

逆に大激変が起こったら(すでに始まってますが)、何も恐れることも悲観することもなく、それは、いよいよ我々人類に、新しい舞台を創ることができる準備が整ったことを意味していると思って良いと思います。

この準備においてズレが生じると文明は崩壊、人類は滅亡しますが、色々な意見はあるものの、最終的には間に合ったと思います。

「自分はまだまだ覚醒していない、有識者になっていない」と思う方もいるかもしれませんが、同じ物差しで人は測れないので、どれだけ有識者になれば良いという基準はないと思っています。

事件ひとつにしても、悲しい出来事が多い世の中ですが、どんな人にも、優しい心、明るい光は存在していると思います。

たとえ一人ひとりの微量の光でも、すべてを集めると地球はすごい大きな光になります。

ホストコンピュータである地球と繋がっている我々個人の力は「1+1=2」ではなく、どこまでいっても「1+1+1…=1」であり、我々一人ひとりが地球であり、宇宙であって創造主の分け御霊。

肉体はこの『結果の世界』では借り物です。
地球という惑星を優良星にレベルアップさせ、長く維持させることが、太陽系、銀河系、そしてこの宇宙の創造主自体のレベルアップに繋がり、この壮大なプロジェクトを地球で遂行するためには、どうしてもこの借り物を活用しないと参加できません。

そして、その借り物の肉体一つひとつの潜在意識が地球の『原因の世界』と繋がっており、その惑星の舞台全体、現実を創っていきます。

(引用おわり)



なんだか私は、とっても勇気を頂きました。

「善・悪」などの二元論的価値判断を、すっかり手放して超越してしまいたいものですね‥‥!(^^)

| つれづれ日記 | 21:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

質問:「エッセンスは子供にも与えられますか?」

「エッセンスは子供にも与えられますか?1才児とか‥‥」
というご質問を頂きましたので、ご了承を頂いた上で、こちらで回答をシェアさせて頂きます。

少し長くなりますが、順を追ってご説明します。

①まず、フラワーエッセンスの科学成分について
原液の主成分は、天然水とブランデー、塩、食酢等です。
メーカーによって配合が違いますが、主に天然水とブランデーです。
原液のアルコール度数は、20~25%です。これもメーカーによって変わります。

②成人の場合、大抵の場合はこれを希釈して飲用します
通常は9.5度のブランデー水30mlに、何種類のエッセンスを混ぜるかによって変わりますが、およそ原液を7~28滴加えて希釈したものを飲用します。
この希釈液の度数は、最大でおよそ10.6度。

これを1回に5~7滴飲用します。
1回のアルコール摂取量は、最大で約0.038ml。
1日に2回摂るとして、1日のアルコール摂取量は、最大で約0.076mlとなります。

必要があり、1日に数回摂れば、アルコール摂取量は1回分の0.038ml×摂取回数倍となります。

極端にアルコールに弱かったり、アルコールアレルギーを持つ等の場合を除けば、エッセンスを摂った後に車を運転するなどしても、およそ問題の無いアルコール摂取量のはずです。

子供でも、小学校に入るくらいの年齢になれば、与えても問題ないでしょう。
ただしその場合、その子の体質を十分に考慮するなど、保護者の十分な監督・注意が必要です。

③幼児~小学生未満の場合
希釈水に、ブランデーの代わりにリンゴ酢を用いたものを使うことができます。
ただし、これを与えられるのは、リンゴや食酢に対するアレルギーが無いことが前提です。

また、この場合も原液にはアルコールが入っているので、微量のアルコール成分が入ります。
この場合の希釈液のアルコール度数は、何種類のエッセンスを混ぜるかによって変わりますが、最大で1.1度ほど。
これを1回に5~7滴飲用します。
(飲料水やお茶などに混ぜて与えるとしても、総アルコール摂取量は変わりません。)
1回のアルコール摂取量は、最大で約0.0040ml。
1日に2回摂るとして、1日のアルコール摂取量は、最大で約0.0080mlとなります。
必要があり、1日に数回摂れば、アルコール摂取量は1回分の0.0040ml×摂取回数倍となります。
この場合も、その子の体質や年齢・体重を十分に考慮するなど、保護者の十分な監督・注意が必要です。

④乳児に与える場合
私のところでは乳児にフラワーエッセンスを与えたケーススタディが殆ど無く、申し訳ありませんが、その安全性に責任を持ってアドバイスを差し上げることが出来ません。
でも、フラワーエッセンス利用者のお母さんたちが、ご自分で勉強などして赤ちゃんにフラワーエッセンスを与えているのも事実です。
国内の殆どの利用者の場合は、お母さんがフラワーエッセンスについての勉強をある程度した上で、自己判断と保護者としての責任の上で与えているのが現状だろうと思います。

乳児に与える場合は、直接の口径は避けた方が良いでしょう。
また、希釈水に天然水のみを用いたものを使うのが、最も安全です。
それをスプレーボトルにして赤ちゃんのオーラに吹き付けて与えるか、皮膚のチャクラ上や、血管の近くに塗布するなどして与えているようです。
ただ、この場合の希釈水にも原液中のアルコール分は微量に含まれるので、それがけい皮吸収されることも考慮する必要があります。
また、授乳中の場合には、母乳からエッセンスのエネルギーを受け取ることが出来るので、お母さんが代わりにエッセンスを飲むという方法もあるようです。

尚、私のところでは扱っていませんが、メーカーによっては日本輸出仕様としてブランデー不使用の原液ボトルを販売しているものもあります。
これを使うのが、赤ちゃんには一番安全かも知れません。
[バッチフラワーレメディ]といい、世界で最も利用者が多く歴史のあるエッセンス・シリーズです。

(私もバッチフラワーを扱っていますが、ブランデー入りのモノなんです。f^^;)

様々な感情的トラブルに対応する39種類の花のエッセンスがあり、これだけで人間の基本的な感情的問題にはおよそ対処出来るとされています。
……と言っても、いきなり全種類のうちどれを使えば良いか分からないでしょう?
緊急用の[レスキュー・レメディ(またはレスキュー・ファイブ)]と呼ばれているエッセンスがあり、それが家庭に1本あれば、かなりオールマイティに様々な場面で間に合っているようです。
これだけを用いて、重宝している方もかなりいるようです。

(もちろん、赤ちゃんといえども人間の感情や個性は多様であり、これ1本ですべてのケースに対応できる訳ではないでしょう。)

数社から販売されていますが、その代表的なメーカーをご紹介します。

http://www.purnama-intl.co.jp/index.html
(このメーカーの物は、ブランデー不使用です。)

楽天さんで探しても、同じものが安く購入出来ます。

大抵のお母さんは、この“ブランデー不使用”のメーカーのものを天然水で希釈して、お子さんに与えているようです。

また、[バッチフラワー]は歴史が古く利用者も多いので、入門書も多く出版されており、アマゾンなどで簡単に入手出来ます。

| 質問コーナー | 20:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オーリングテスト

最近、妻のオーリングテストの判別がし易くなったので、いろいろなモノをオーリングテストで調べて選んでいます。

以前は妻の指の力の入れ加減の基準が分からず、分かり難いものだから妻も嫌がってあまり協力してくれなかったのですが、最近は二人でお灸をする時にもオーリング(か、他の筋反射テスト)でどのツボにお灸をすれば良いか探しています。

使いこなせると、本当に便利です。

先日、B級グルメ物産展へ出かけた時にも、どの食品が自分の体に本当に合うのか、その場で二人でオーリングテストをして、何を買うか決めました。
傍から見るとアヤシイ夫婦ですが……。

そんな訳で、最近は自分が飲むエッセンスを選ぶときにも、妻にお願いして手伝ってもらい、オーリングテストでエッセンスを選んでいます。

……私は未だに、自分に適したエッセンスは自分で上手く選ぶことが出来ません。
どうしてもエゴが介在し、自分自身に対して完全に客観的に成り切れないのです。

でも、妻の手を借りて、オーリングで自分のエッセンスを選ぶと、かなり上手く行くようです。
(自分が候補を挙げて、“多分コレだろう…”と目星を付けていたようなエッセンスは、案外ハズレたりします。)

そんなふうにして選んで、先月の新月から私が飲んでいるエッセンスは、次のようなものです。

セラトー
直観力を高める。自身の内なる声への信頼を高める。

ウォールナット
結界を強め、他人の影響を受けにくくする。

ロータス
精神性の向上と霊的成長、統合を促す。

レインボーケルプ【パシフィック・シーエッセンス】
前脳と後脳のバランス。直感力を高める。三焦経と体温の調整。

……以上の4種をコンビネーションにして摂り始めました。

飲み始めて1~2日後には、体が温かくなっていることに気付きました。
私は体が冷え易く、手の指などいつも冷たいのですが、どこか体がポカポカと温かく、あまり極端な寒さを感じずに済んでいます。

気分もどこか落ち着いて安定しているようで、以前よりも自信が感じられます。
この「自信」の感覚がどこから生じるのか分かりませんが、他人の判断や外部からの情報に影響され難くなったというか……。

こんな仕事をしていながらナンデスが、私は自分の直観力に対する一抹の不信感みたいなものが、ずっと拭い切れなかったのです。

このエッセンスのお陰かどうか、“自分の内的基準への不信感に意識を向ける”ということそのものが、何だか無くなった感じがします。

「自信」という言葉も、「不信」という言葉も、今のところあまり意識せずに済んでいますね。
どちらもある意味で“必要ない”、意識する必要が無いというか。
ありがたいことにも……!

ただ、このコンビネーションが効き過ぎたせいか、摂り始めて9日目あたりから頭痛。
グラウンディングの不足かなと思い、次のエッセンスをコンビネーションに追加しました。

アヴェンチュリン【アラスカ・ジェムエッセンス】
変化と新しい経験の中でバランスをとる。

マラカイト【アラスカ・ジェムエッセンス】
グラウンディングと統合。自己の一貫性。

ボグ・ローズマリー【アラスカ・エッセンス】
知らないことを信じる。信じることを支える。

スパイリア【アラスカ・エッセンス】
変化・成長してゆく先にあるサポートを受け入れ、変化への抵抗感を外す。

……この追加コンビネーションを摂り始め、翌朝はまだ頭痛がありましたが、午後にはそれも治まり、気分もすっかり落ち着きました。

このコンビネーション、かなり合っているようです。
私が望み、期待したエッセンスが出来たみたいです。
次の新月までは摂り続けるつもりです。

オーリングテストに協力してくれた妻に礼を言わねば……。
m(_ _)m

| 試してみました! | 21:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。